stylebook

c0197829_21201498.jpg

お気に入りのガーデンショップで仕立てていただいたフラワーギフトは明日から始まる、友人の作品展【Stylebook】のため。
友人の砂川直子さん中野克子さんの2人展が【コート・ギャラリー国立】にて明日から始まります。
才能あふれるお2人のキルト拝見するのが楽しみです。
砂川さんと中野さんと私は、小関先生のヴォーグキルト塾の一期生だった事を思い出します。
[PR]

# by dillnn | 2010-07-07 21:48 | フェイバリット

紫陽花

c0197829_1744954.jpg

紫陽花の花は好きですか?
c0197829_17444096.jpg

色の好みは特に強くないけれど、苦手なお花は少しあるかも・・
でも庭に育てているお花はどれも愛おしくて、大切に思います。
この紫陽花も、まさにたわわに咲いていた庭のお花。
生け花を教えていた頃に、挿し木をした紫陽花です。
紫陽花のような大きな花は、生け花では実はとても難しい花材です。
お花が大きくて剣山にさしてもバランスが取り難いし、投げ入れの花器にも花の頭が重くてこれまたバランスが取り難いのです。
そう私のお花の生け方は、とても自由。
玄関にいつも飾るお花は、たっぷりのお水にバランスだけを考えて挿しています。
c0197829_1745861.jpg

アトリエの花入れはこれが最近のお気に入り、夏はガラスの器は涼しげですね。
[PR]

# by dillnn | 2010-07-03 18:21 | 日々のこと

6月のルバーブ

c0197829_12145296.jpg

6月も残すところあと4日。
6月のルバーブをupし損なうところでした(笑)
c0197829_12151541.jpg

先日知人から頂いた、ご自分のお庭で養蜂されたというハチミツの甘い香りに釘付けのルバーブ。
私がキッチンで料理をしていると、リビング越しのカウンターからこちらをいつも見ています。
それはまさにディルと一緒、ディルもカウンターに前足をかけてお鼻をピクピクしていました。
でも確か亡くなる二カ月前位から、足が上がらなくなっていたディルでした。
カウンターに足をかけたりするのは、お行儀が悪い事かも知れませんがディルもルバーブも私は許してしまっています。
おかげでカウンターは彼らの爪後でハゲハゲですが(笑)
c0197829_12153813.jpg

無添加の自家製ハチミツ、とってもきれいな琥珀色です。
c0197829_12155463.jpg

[PR]

# by dillnn | 2010-06-27 12:36 | ルバーブ

パッチワーク通信 8月号

c0197829_1801242.jpg

パッチワーク通信 8月号の「エコ着せ替えバッグ」のページにこのバッグを掲載していただいています。
このバッグはキルティングをしなくていいので簡単で、しかも厚手もめん地の中芯袋で仕立ててあるのでしっかりしたバッグが作れます。
又この8月号、特集のブティも素晴らしいです。
c0197829_1803316.jpg

[PR]

# by dillnn | 2010-06-22 18:10 | パッチワークキルト

ゴッホ

c0197829_1550424.jpg

最終日前日、ボストン美術館展を観てきました。
もう何度か書いた事かも知れませんが、私はゴッホの絵が大好き。
何故好きなのか何処が好きなのか好きなものは好き、理由はありません。
でもいつ好きになったのかは鮮明な記憶が今も心に残っています。
それはフランスのオルセー美術館で観た彼の描いた自画像を観た時、その時その絵を前にして動けなくなってしまったのです。
それは今思うとその絵に感動したのですが、そんな経験は初めてでしたし、それまでは特にゴッホに惹かれる自分を意識した事はありませんでした。
ですからその絵を観た時も、自分がその絵に感動しているとは気が付きませんでした。
ただその時強く思ったのは、
「どんなにゴッホは自分自信を愛していた事だろうかしら」と。
そして数日たってから、オルセーで私はゴッホの絵に感動したのだと気づいたのでした。

その絵に出会うまで、自分はモネやルノワール、ドガが好きだと思っていましたし、ユトリロや佐伯祐三の描く風景が好きだと思っていましたから。

それにしてもいつもしつこい様に思うのは、絵は観賞する環境によるのだと。
昨日のボストン美術館展は、会場も狭いし、人も多いし、特にゴッホなどの人気の絵の前は人が動きませんし・・
あの状況の中でゴッホに感動するのは難しいかと思ったけれど、暫く彼の絵に見とれる時間をもらいました。
c0197829_16374626.jpg

ランチを六本木ヒルズの中華レストランで済ませた後友人と銀座へ。
お勧めのアンリ・シャルパンティエはフランスのカフェのような外観だけでなく、お茶もケーキもスタッフもとっても素敵、色々なお話で盛り上がりました。
ただ、お茶をいただくのに1時間以上待ちましたけれどね(笑)
c0197829_1638307.jpg

その待ち時間に買ったパーツ達、これから制作するミニキルトにデコします。
c0197829_16384621.jpg

[PR]

# by dillnn | 2010-06-20 16:48 | 日々のこと

素敵にハンドメイド

c0197829_971637.jpg

小関鈴子先生が出演されたNHK【素敵にハンドメイド】ご覧になりましたか?
小関先生は、おしゃれ工房の番組からもう何回もTV出演されていますが、毎回拝見するたびに私もドキドキしてしまいます、昨日もドキドキしながら見ていました(笑)
先生の紹介された色々なフレームワーク、素敵でしたね~♡

ところで・・最後にほんの数秒私のフレームが映っていましたが気づきましたか?
[PR]

# by dillnn | 2010-06-04 09:29 | パッチワークキルト

もうひとつの5月のルバーブ

大型犬と暮らしたことの無い人には、今日のこれはきっとかなりの衝撃画像のはず。




私も以前友人のGRがベッドを一台破壊した話を聞いた時、信じられなかったし。




壁に穴を開けた過去を持つルバーブ。




実際ディルも小さいソファを一台駄目にした事もあったし。




それは先日、起きるのが遅くなってしまった朝の事。




何かいつもと違う音がするリビングに降りてみると・・・




c0197829_12211240.jpg

「お仕事してましたけど何か?」




ほりほり作業中のルバーブ、
何となく予感も有り、
もちろん信じられない光景だし、
ショックはあったけれど、
とりあえず証拠写真をと思う冷静な自分も意外だったけど(笑)
c0197829_12393638.jpg

ルバーブの発掘調査は失敗に終わったらしく
c0197829_12475914.jpg

撮影を止めてと私に迫ったモンスタールバーブ。
c0197829_12402831.jpg

ピアノを聞きながら眠ってしまう時もあるし、98%は良い子のルバーブ。
でも大型犬と暮らすという事は、こんなモンスターになる時がある事も覚悟しなくてはというのも真実です。
そう言えば先日男の子のGRを一頭飼う事は、二頭の女の子のGRを飼う事位大変な事だと友人が言っていたかも・・ですね。

ところでソファですが、中のスタッフィングを元に戻し布を接着剤で補修をしました。
ラッキーな事にクッションは無傷でしたので、何事も無かったように通常使用可能となっています(笑)
[PR]

# by dillnn | 2010-05-30 13:01 | ルバーブ

5月のルバーブ

c0197829_10251284.jpg

このところ、空いた時間を見つけてはピアノに向かっている私。
最初の課題曲もなんとか最後まで弾けるようになりました 
c0197829_10262360.jpg

そんな私が気になって仕方がないルバーブ。
c0197829_10264138.jpg

おもちゃを持って来て、足元に無理やり入り込だり覗いたり・・
c0197829_1027597.jpg

それでも相手をしてもらえないと判ると、椅子の下に頭を入れて眠ってしまいます。
c0197829_1027193.jpg

私の外れた音階もルバーブには子守唄になるようです(笑)
[PR]

# by dillnn | 2010-05-28 10:38 | ルバーブ

ディル

c0197829_1734519.jpg

去年苗を植えておいた庭のハーブたち、中でも一番の成長はディル~♡♡♡
そうディルが元気だったころ撮っておいた画像があったはず・・と探したら。
c0197829_17353129.jpg
c0197829_1736038.jpg

可愛い画像がありすぎで、そして今でもやっぱり見ると切なくて涙が出てしまう・・ネ・・
c0197829_17363417.jpg

c0197829_17365350.jpg

ラベンダーも咲き始めた私の小さなハーブガーデンです。
[PR]

# by dillnn | 2010-05-23 17:54 | ディル

Thanks

c0197829_14323024.jpg

ガーデニングショーで見つけたというアンティークチェア、お手製ポストカードにして送られた友人からの可愛いカードです。
私の「Chair」のキルトを思いだして下さってありがとう~ ♡

そしてもうひとつ。
もう一人の友人からあるイベントのお礼にと選んでくれた、きれいなコーラルカラーのアンティークネックレス。
自分ではきっと選ばない色かもだけれど、白っぽい色が主流になりがちな私の夏服、これからの季節開いた襟元が明るくなりそうです。
着けてお出かけが楽しみ、こちらもありがとう~ ♡
[PR]

# by dillnn | 2010-05-19 15:18 | 日々のこと