アンソロジー

c0197829_21184388.jpg

1996年に制作したキルト「ANTHOLOGY」、私の住む市の手工芸展のイベントで展示していただいています。
一辺1.5cmのヘキサゴンをハンドピーシング、ハンドキルティングで仕上げました。
この頃はパッチワークは手縫いが一番と思っていたので、丁寧に時間をかけて仕上げる事に生きがいを感じていたように思います。
純粋にキルトを作る事だけに専念できた時期だったかもしれません。
c0197829_2119089.jpg

ところでこちらは、今日見に来てくれた友人からのプレゼント。
美味しいクッキーの入った何とも可愛いフェルトのパッケージ、私の大好きなエッフェル塔がキュートでしょ?
[PR]

by dillnn | 2010-10-30 21:54 | パッチワークキルト

エリザベス・カラー付けられています

c0197829_15322970.jpg

ルバーブの去勢はしないつもりで今まで来ていましたが・・色々迷って、昨日オペしてきました。
ネットで検索したり、お友達に聞いたり・・去勢のメリット、デメリット、色々悩んで考えて決めました。
c0197829_15325429.jpg

初めてのエリザベスカラーと手術、実は凄く今ルバーブは落ち込んでいます。
私も彼の手術後の傷跡を見ると痛々しくて落ち込んでいます。
だったら見なければ良いのにと思われるかも知れませんが、病院から頂いた塗り薬、1日2回塗るのが私の役目。
c0197829_15331460.jpg

抜糸が済むまでもう少しの我慢です。
[PR]

by dillnn | 2010-10-29 15:41 | ルバーブ

秋の庭

去年の今頃植えたハーブは、この夏の猛暑でかなりのダメージ。
そこでミントだけは残して新しいプランツに植え変えました。
c0197829_055145.jpg

実はダメージは周りの丸い杭にもきていて、傷みの激しい杭を抜いてレンガで補修しました。
本当はすべてレンガで囲むと良いのですが、傷みの無い杭は強硬で微動だもしません。
c0197829_062270.jpg

今年は苺を植えてみました~
c0197829_064264.jpg

[PR]

by dillnn | 2010-10-27 00:20 | 日々のこと

パッチワーク通信

c0197829_11502092.jpg

パッチワーク通信12月号に【とっておきの布でコラージュボックス】のページにカルトナージュを掲載していただいています。
c0197829_1151937.jpg

自分でもとても気に入っているコラージュのカルトナージュです。
[PR]

by dillnn | 2010-10-24 11:44 | パッチワークキルト

10月のルバーブ

c0197829_1748164.jpg

10月のルバーブはお出かけ編。
友人とGRジョアちゃんと美味しいイタリアン&ドッグラン。
【Trattoria MOKICHI】は湘南の蔵元経営のちょっと素敵なレストランです。
c0197829_1759589.jpg
c0197829_17592846.jpg
c0197829_180136.jpg
c0197829_1802696.jpg
c0197829_1804163.jpg
c0197829_1805518.jpg

実は最近男の子らしさ爆発のルバーブ、相談と矯正(?)を兼ねてのドッグランだったのです。
c0197829_1841892.jpg

c0197829_1834471.jpg

でも年の近いジョアちゃんとは良い感じのルバーブです~♡
c0197829_1861112.jpg
c0197829_1864052.jpg

[PR]

by dillnn | 2010-10-22 18:06 | ルバーブ

クッション

c0197829_1449465.jpg

トラプントの素敵なクッション、私のパッチワーク教室の生徒さんの作品です。
家のソファにぴったり、こんな風に素敵に飾っておきたいけれど・・ルバーブのいるリビングでは無理ですね・・写真を撮るためにテラスに移動のルバーブ、解りますか?
お借りした大切な作品、悪戯されたら大変ですので~(笑)


ところでイングランド4日目から進みませんが・・と誰か言っていたような・・(笑)
旅行のblog upは実はとっても時間がかかりまして・・なの。
だって公表するからには場所地名などを正確に書かないといけないし、画像も間違わないようにと思うから。
でも必ず5日目に進みますのでお待ちくださいませね~♡
[PR]

by dillnn | 2010-10-20 15:00 | パッチワークキルト

プレゼント

c0197829_11331661.jpg

「一目ぼれしちゃったから」とお友達からのプレゼント、何だと思いますか?
c0197829_1133313.jpg

伸縮するシルバーで、こんな風にして使います。
c0197829_11334980.jpg
c0197829_1134385.jpg

サンキュ♪
私も一目ぼれしちゃいました~
[PR]

by dillnn | 2010-10-17 11:39 | フェイバリット

イングランド 4日目

c0197829_15273954.jpg

2泊したチッピング・カムデンのホテル【Noel Arms hotel】は、建物もスタッフもお食事もとっても良かったのでロンドンへ戻るのが淋しかったけれど。
c0197829_15293923.jpg

c0197829_1530846.jpg
c0197829_15303078.jpg
コッツウォルズ地方のほぼ中心の町サイレンセスターを通り、蚤の市を覗いたりしながら車をレンタルしたオックスフォードで返した後、電車でロンドンに帰りました。
レンタカーでのドライブはイギリスでは初めての夫、きっととても不安だったかもですが、私は乗っているだけなので楽しみました(笑)
一度だけ迷いましたが、地図を広げて道を尋ねると丁寧に教えてくれるのが英国人。以前も道で地図を見ていたら、通りすがりのジョギング中の男の方がわざわざ引き返して、何処に行きたいのかと助けて貰った事があります。
ところで車は事故も無くクリア出来たけれど、最後にガソリンを満タンにして返すのがレンタカーショップとの約束。
イギリスではほとんどのガソリンスタンドがセルフ式、日本でもセルフのスタンドは利用しないのにイギリスで大丈夫~?と最後の最後に不安な夫と私。
で、レンタカーショップのスタッフに駄目で元々、
「ガソリン満タンで無くてもOK?」
と聞いてみると、スタッフは契約書を見て
「満タンにして返すと書いてあるでしょ。」
との返事。
「だから日本で一度セルフ式で練習しておいてって言ったのに」
と私に文句を言われながらもガソリンスタンドへ、もちろん上手くいきません(笑)
いきなりガソリンタンクの開け方が解らない・・ともたもたしていたら、先に給油の終わったイギリス人の紳士が丁寧に教えて下さり、無事に給油終了出来ました。
英国人は本当に親切、日本でも旅行者には優しくありたいと、色々なところで助けて貰った折に思うのでした。

ところでロンドンのホテルはいまいち残念なホテルで(コッツウォルズが良かっただけに尚更そう思ってしまったのかも)、ちょっとがっかり・・でしたが、気を取り直して5日目のロンドンはポート・ベローの蚤の市から始まります。
[PR]

by dillnn | 2010-10-15 15:38 | フェイバリット

バーバラ・リール

c0197829_223232.jpg

日本橋本店三越「和のキルト 新作100人展」と岡野栄子先生のキルト工房「バスケット」作品展を見てきました。
和のキルト展では、思わず立ち止まって見入ってしまう作品は小関先生だったり、岡野先生だったり・・又、作品中4割くらいがミシンの作品だったような印象でした。

同じフロアで開催されていた「三越フランスフェア」
9月に行った蚤の市で見たようなボタンや糸などが7~8倍近いプライスだったりしてました。
送料や人件費を考えたらその位になってしまうのかもしれないけれど、もちろん買う気にはなりません。
と言いつつも前から気になっていた【BARBARA RIHL】
色々あるデザインに迷って決めたのは、荷物の沢山入るバッグです。
[PR]

by dillnn | 2010-10-09 22:45 | フェイバリット

イングランド 3日目

c0197829_22431620.jpg

コッツウォルズのホテルで頂いたフル・イングリッシュ・ブレックファースト。
ベーコンエッッグにソーセージ・焼きトマト・マッシュルーム・ベークドビーンズにカリカリに焼いた薄切りトースト・・の所謂フル・イングリッシュ・ブレックファーストの起源は ビクトリア時代に遡ります。
でも実際にはイギリスの家庭でもこのようなスタイルの朝食はされていないと聞いた事があります。
そしてほとんどのホテルでは、コンチネンタル・ブレックファーストがイギリスだけではなくヨーロッパの朝食の主流のようです。
コンチネンタル・ブレックファーストはホテルなどの朝食メニューのひとつで、火を通さない冷たい料理を中心としたものです。
一般的なコンチネンタルブレックファーストは、ハム、チーズ、パン、フルーツ、ヨーグルト、ジュース、コーヒー、紅茶の組み合わせになります。
c0197829_227471.jpg

古色蒼然とした外観からは想像できないホテルのお部屋はこんな感じ、そして犬も一緒に泊まる事も出来、何頭ものお行儀の良いワンちゃんに和みました。
c0197829_228153.jpg

ホテルのレストランのフィッシュ&チップス、滴が飛ばないようにレモンは薄いガーゼで覆われています。
c0197829_22101317.jpg

宿泊したチッピング・カムデンからこんな田園風景をドライブ。
c0197829_22152761.jpg
c0197829_22154742.jpg

目的のひとつでもあったチッピング・ノートンのアンティークショップ「ステーションミル」
かなり満足できるアンティークの品揃え、お財布の紐も緩みました。
c0197829_2216847.jpg

ストー・オン・ザ・ウォルド、バートン・オン・ザ・ウォーター、ブロードウェイを周りホテルに帰ります。
c0197829_22372349.jpg

c0197829_2238080.jpg

c0197829_22312738.jpg
c0197829_22314633.jpg

[PR]

by dillnn | 2010-10-06 22:38 | フェイバリット